「Love Apple 」とは何の植物でしょう?

シェアする

今日は雨も降らずに曇天ですが、気温はただ今25℃。
雨降ってるからと油断せず、成長期の植物たちには水やりと液体肥料を忘れず
行ってください。うどんこ病はひと雨ごとに消毒の時期でございます。

さて、表題の植物わかりますか?

直訳すると「愛するリンゴ」ですが、、、、リンゴではありません。
ハーブの仲間で現在では品種改良されて、世界中たくさんの種類があります。

ヒント1  生のまま、また調理したり、香味料として広く食されています。

ヒント2  消化を助ける作用があり、ビタミン、ミネラル豊富、老化予防に効果あり
(何だか体にすごく良さそうなものですね。)

ヒント3  メキシコでは毒性のある緑の部分(葉と茎)をつるしてその匂いで
ゴキブリを遠ざけるために用いた。

実物は・・・

010

 黄色のお花の

011

 葉っぱはこんな感じ。

もうおわかりですね。

正解はナス科 「トマト」でした。

小さいお子さんが「トマト キライ!!」と叫んだら

「じゃ、ラブアップルはおいしいよ!食べてごらん。」

と誘導してみてはいかがでしょう。

酸味のある果肉は吹き出物や毛穴の不純物を取り除き、
お肌のPH(水素イオン濃度)を正常値に戻してくれる
これからの夏に向けて美肌の味方の食べ物ですね。

家庭菜園でも多く楽しまれているトマト、(ラブアップル)

まだ挑戦したことない方もぜひ、プランターで簡単にできますので
お試しください。

コンパニオンプランツといって、トマトの株元に
パセリまたはバジルを一緒に植えると
お互いの成長を助け合って相性が良いと言われています。

ちなみにバジルには一般的によく食される「スイートバジル」
防虫用の「レモンバジル」などいろいろあります。

まだまだハーブの世界は面白いですね。

※ヒント3のにおいですが、現在では品種改良が進んで
家庭菜園向けに販売されている苗には個人差がありますが
きつい香りはありません。
実以外は食用しないでください。念のため。

引用;ハーブ写真図鑑  日本ヴォーグ社