便利な葉っぱ「ニューサイラン」でアレンジを楽しむ    (12月)

シェアする

ニューサイラン:葉の長さは1mほどで先端のとがった細長い形をしています。
          葉脈が縦に走っているので手で簡単に裂けます。
          丈夫な葉なので 「ひねる」「編む」など、様々な造形が可能です。
          水揚げも良く長持ちします。白や黄色、赤の縦縞が入る品種もあります。
          アイデア次第で色々なアレンジが楽しめます。
     
           今回は、ニューサイラン1枚と花1本でできる簡単なアレンジをご紹介します。
オリエンタル 022
ニューサイランをループにして、器の中に沈め、頂点になる位置の
葉の中心を少し裂きます。
この穴に花茎をスッと挿し込んで、出来上がり!
 

 

 

 

 

オリエンタル 033 
ニューサイランの量は字を5センチずつ残して内側を爪で細く裂きます。
オリエンタル 023 クルクルと丸めて器の中に入れ、
花を葉の裂け目に挿せば、倒れる事無く留まります。
オリエンタル 029 オリエンタル 032
葉の中心を縦に裂いて、そこに葉の先端を差し入れます。
空間のあるところに花がくるように長さを調節して出来上がり!

☆ おまけ 
  オリエンタル 031
    オリエンタル 034  
  オリエンタル 035  
  ニューサイランの裏側にフローラルテープ(セロテープでも出来ます)で
  ワイヤーを貼り付けると長さを生かした形を楽しむ事が出来ます。               

シェアする

フォローする