神奈川県養護学校ソフトバレーボール大会に協力

シェアする

養護学校1 7月5日(土)神奈川県特別支援学校体育連盟主催による、神奈川県養護学校第2回ソフトバレーボール大会が、神奈川県伊勢原市体育館にて開催されました。花キューピット東京は2年前より東京都のソフトバレーボールを応援して来ましたが、心の交流を目的としたソフトバレーボールに協力して行く中で、近隣の神奈川県養護学校の生徒達に触れ合うご縁を頂きました。

養護学校2 神奈川県養護学校在籍の生徒達に向けて、元全日本女子バレーの監督である岩本洋講師と、同じく元全日本女子バレーで銅メダルを獲得されたキャプテン丸山(江上)由美講師の豪華W講師により数年前からソフトバレー教室がスタートし、昨年からは大会開催へと着実に浸透。ソフトバレー教室で楽しさを体験した養護学校の生徒達は、毎日熱心に練習を積み重ねて来ました。

養護学校 080705 013 第2回大会は9学校(9チーム)66名の選手が参加。コートの中では元気一杯に声を掛け合って、励まし合って、1点1点を大切にプレーしていました。応援に駆け付けたお母さん達が、点示やラインジャッジを一生懸命に手伝っていた姿がまた印象的でした。優秀な成績を修めたチームには、新島の特産『コーガガラス』で作成されたトロフィーが贈られました。コーガガラスは、じーっと見ていると、太平洋に繋がっているような奥深い魅力。そして参加者全員に花キューピット東京から日々草の鉢をプレゼントし、大変喜んで頂きました。

シェアする

フォローする