花の分類

シェアする

お花屋さんにはたくさんの種類のお花があります。色や形、大きさも様々です。お客様がお花を買う時に、取り合わせで結構お困りの場合があるようです。そこで、今回は簡単な花の分類をやってみましょう。

花は大きく分けて4つに分類できます。①フィラフラワー②マスフラワー③フォームフラワー④ラインフラワー です。

ソリダコ1 

① フィラフラワー 今回の画像はソリダコです。他にはカスミ草などが代表的な花になります。たくさん枝分かれしていて、小さな小花がたくさん付いているお花です。

 

バラ4

② マスフラワー 今回の画像はバラです。マスとは「塊り」という意味で、小さな小花が集まったもの(アジサイなど)や多くの花びらが集まって花が形成されている花(バラやカーネーション)です。

 

 

ユリ1 

③ フォームフラワー 今回の画像はユリです。大きく、はっきりとした、存在感のある花です。代表的な花は、ユリやアンスリューム、カラーやアマリリスなどです。

 

 

リンドウ2

④ ラインフラワー 今回の画像はリンドウです。 名前の通りまっすぐで、花が上から下まで付いている花です。代表的な花は、リンドウ・デルフィニューム等です。

 

お花屋さんはお花を選ぶ時に、自然にこのような分類から、お客様のイメージにあった花を選びます。

例えば、やわらかい感じだとフィラフラワーを多く使用したり、全体に丸い感じで花が集まったようなアレンジメントだと、マスフラワーを多く使ったり、大きくゴージャスな感じだと、長いラインフラワーと大きなフォームフラワーを多く使ったりします。実際にはそこに色や器などの要素の入ってきますが、皆さんも、ちょっと覚えておくと、お花を購入するときに役に立ちます。

シェアする

フォローする