花瓶・壷・水盤等の器に枝物を活ける方法

シェアする

その1
枝物等を壷や籠に活けるとき・及びオアシスに直接活けるとき

枝の根元を削ぐ・割ると安定して動きにくいし水揚げもよい。

clip_image003

その2

葉物を線で活ける場合—-小枝を葉に挿し込む。

オクラレウカ等の活ける時に有効です。

clip_image004

 

その3
長い枝物等を壷や籠に活けるとき—直径位の長さの小枝をクロスしてしばる。

clip_image008clip_image007

 

その4
長い枝物等を浅めの壷や器に活けるとき—クロスしてしばる。

clip_image013clip_image014clip_image012

 

その5
太い枝物等を中央部分に立てて活けるとき—弾力のある添え木を噛ませる。

clip_image018clip_image019clip_image020

 

その6
下垂形に活ける場合—枝を曲げても元に戻りやすい場合、切込みを作り鋭角の枝を切り込みに挿し込む。

clip_image022

 

その7
松のような枝—-下に板を付ける。

clip_image025clip_image026

 

シェアする

フォローする